家族会議と家族ノート

彼女と10年付き合って、ようやくの同棲です。

 

もともと僕は、子供たちが自立するまでは彼女と結婚するつもりはありませんでした。

じゃーなんでこのタイミングで一緒になったのか?

理由はいくつかあります。

 

1つ目として、週末婚状態が10年続いていたわけですが、

週末の度に彼女宅への移動、これが正直しんどかった。

 

2つ目は、まーこれは元から計算しておけよって話なんですけど、

下の娘が今年で高校1年生。

このまま大学進学したとしたら、社会人になるまで後7年。

 

あと7年もこんな宙ぶらりんな生活が続く・・・!?

って考えたら、なんか絶望的な気分になっちゃって。

しかも社会人になったからといって、すぐ独立するとは限らないんだし。

 

3つ目、子供たちもだいぶ大きくなったし、

週末だけ見ていた分には、だいぶしっかりしてきたな~と感じてました。

でも、シングルマザーのお母さんが仕事に家事にと頑張っているのに、

特別、家事をたくさん手伝っているという雰囲気はありません。

 

 

ずーっと頑張り続けている彼女を助けてあげたい。

僕が家に入り、大きくなった子供たちと一緒に家事を分担すれば、彼女を助けることができる。

それは子供たちにとっては正直めんどくさいことかもしれないけど、

自立前に家事を覚えるきっかけにもなるはずだし、

長い目で見ればメリットはあるはず。

それこそ自分たちの母親が働きづめでぶっ倒れたら元も子もないんやし。

 

と、この3つが大きな理由で一緒に暮らし始めました。

 

前回の記事で「家族になるためには話し合いが不可欠」と書きましたが、

一緒に暮らし始める前から「家族会議」を何度も重ねていました。

会議で話し合った事は「家族ノート」にまとめます。

 

もちろん、そんな堅苦しいことしなくても、

今までそれなりにやってこれたのだから、

一緒に仲良く、それなりに暮らせていけばいいんですけど、

今まで別々の生活をしてきた2つの家庭が1つになるのですから、

色々な「文化の違い」で揉めることになると思ったからです。

 

家事をどうやって4人で回していくかや、

生活態度、生活リズムなど色々話し合って、決め事を作りました。

 

一緒に生活していく上で、あまりルールでがんじがらめにするのも窮屈です。

でも、今まではそのルールがなかったせいで、子供たちは自由奔放。

大人に怒られること多数でした。

 

自分たちがもう子供ではないというのなら、

それ相応にやることはやってもらわなければなりません。

でないと一緒に暮らせません。

 

そして、できました「家族ノート」。

 

半年ほど、1週間に1回以上のペースで話し合ってきましたので、

もう話し合うこともだいぶ尽きてきたな~と思た矢先、

全然うまくいっていません。

子どもたちがルールを守らないのです。

 

もちろん、頑張ってる部分もあるんです。

でも、家族ノートに書いたような内容は、

僕からしたら全部できて当たり前すぎることばかりなんです。

 

別にテストで80点以上とれだとか、部活で何か結果を残せだとか、資格を取れだとか、

そんなことじゃないんですよ。

 

例えば、靴はきちんと揃えるだとか、

部屋は綺麗にするとか、

ゴミ箱にきちんとゴミを捨てるとか。

朝はきちんと起こされなくても起きるだとか。

なんなら小学生ぐらいの子でもできて当たり前なことばかりです。

 

でも、そういって決めたルールの半分もできていない。

だから腹が立つんです。

 

さらに、僕の方が怒りの沸点が低いからなのか、

彼女が怒るよりも先に僕が怒る。

 

僕が子供を怒ると、母性からかどうしても彼女は子供たちを守る側になる。

その結果、家の中で僕だけがカリカリ、イライラしている。

まるで僕が悪いことをしていて、いつも怒ってる僕だけが悪者みたいだ。

 

一緒に暮らすためのルールのせいで、

一人、孤立している。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL