またまた喧嘩

ちょっと飛びましたが、

今年2回目の喧嘩について綴ります。

 

って実は、その後も2回ぐらい喧嘩してて、

今年は久しぶりに喧嘩の多い1年になりそうです・・・

 

話は戻って、あれはたしか3月ぐらいのこと。

 

僕ら家族は息子以外の3人が少しアトピーの気があり、

お風呂上りには、各々、クリームを塗ってケアをしています。

 

で、彼女の場合、自分ではケアできない背中が荒れているので、

いつもはお風呂上りに子ども達や僕が背中にクリームを塗ってあげています。

 

いつもは僕と彼女はだいたい同じ時間にお風呂に入るので、

風呂上りにすぐクリームを塗ってあげるんですけど、

その日は風呂に入る時間がバラバラで、

僕はサッサと自分の腕のケアをして、早々に布団にもぐりこんでウトウトしていました。

 

で、しばらくしてから彼女が風呂から出てきて、

「クリームぬって~」

とか言ってきたから、僕は眠かったこともあり、冗談のつもりで、

「え~、俺が塗ってる時に言ってや~」

と言うと、彼女がまたプッツン!

 

もうそれからは無視です。ガン無視。

僕の存在が消え去ったかのような扱いっぷり。

 

僕は僕でその日はもう眠かったから、しばらく布団でウトウトしてたんですけど、

隣で怒りオーラ全開の人が寝ていると、とても安眠はできません。

 

それで結局目が覚めて、「別に本気でクリーム塗りたくなかったんちゃうねんで?」

と伝えると、「私の背中が汚いから嫌なんでしょ!もう二度と頼まない!」とか言う。

 

はぁ~、もういい加減、こういうキレられ方に疲れたので、

その日は夜中に自分の家に帰って寝ることにしました。

 

でも、喧嘩したままの状態で日常を過ごすのは非常にしんどいものです。

仕事に集中したくても、彼女のことばっかり考えてしまいます。

 

そこで、友達に相談なんかもしてみたんですけど、

「そりゃ~、おまえ、彼女傷つくで。

愛情がなけりゃ、治るもんも治らんで」なんて説教されてしまい、

で、もんもんした数日を過ごしたのち、

「今回も結局僕が悪かったな・・・こりゃサッサと謝ろう!」と思って、

平日の夜に彼女の家に行って謝ってきました。

 

彼女曰く、「あの日、とっくんが夜中に帰っちゃったのはショックだったけど、

そのあとは逆に何故か超爆睡できた(笑)」とのことでした。

 

それはそれでなんかショック~!

またまた喧嘩 への4件のコメント

  1. tukapee

    私も幼少のころよりアトピーに悩まされてきました。
    今使っているのは化粧水なんですが、使い始める前は顔も体も赤みと痒みで悩んでました。
    顔は赤ら顔の日も多く、弱めのステロイド剤に頼らざるを得ない状況でした。
    保湿のために皮膚科が処方するのはワセリンやヒルドイドなど。重ねてぬることもありました。
    一時的なもので、体にもよくないので使うのをやめました。
    ワセリンなどは塗るとテカリが気になりますがこれはそうなりません。
    肌が再生されているのを感じています。オールインワンタイプなので、これ1本で化粧水
    ・美容液・クリームの役割があり、顔に何度も触れることがなく肌への負担が軽減され、
    更に刺激がなく痒みが軽減されたので、とても良い状態へと変化してきました。 
    使い始めて割とすぐに効果がではじめ、特に乾燥で痒みが出ていた部分が保湿されて
    掻かずに済むようになりました。痒み、赤くザラザラとしたところに塗ると痒みも治まり
    とてもうれしいです。たぶん保湿がきちんとできずに赤みを帯びていたんだろうと思います。
    まだ2週間程度でこの後どうなるかは分かりませんが、個人差もあると思いますがよかったら。

    返信

    1. tokuma

      tukapeeさん

      情報ありがとうございます。

      返信

  2. ゆーり

    うちの相方も気分屋でワガママな人だから扱いが大変ですよ(汗)

    >はぁ~、もういい加減、こういうキレられ方に疲れたので、

    その日は夜中に自分の家に帰って寝ることにしました。

    その気持ちよく判ります(苦笑)まぁでもこういう時は男の方から折れた方が得策ですよね^^;

    返信

    1. tokuma

      ゆーりさん

      返信遅くなりました。

      女性の扱いは大変ですね(笑)

      夜帰ったのは大人気なかったと思いますけど、
      頭冷やすことはできたと思います^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL