頑張り過ぎない

 

ステップファミリーを続けていく上でのポリシーというか、

僕が気をつけていることといえば、

家族になろうと頑張り過ぎない」ということです。

 

 

何としても同居家族として連帯を保ち続けなければならないと頑張り過ぎずに、

「ただ、一緒にいるだけで幸せ」と感じること。

今はそれだけで良いと感じています。

 

結婚によって男は瞬時に父親に、女は自動的に母親になれるわけではないと思います。

 

うちの子たちは、僕のことを、「とっくん」とニックネームで呼んでいますが、

このことは「継親は親に取って代わる存在」という固定観念にとらわれない点で良いと思います。

 

僕は、子ども達の父親の代わりになるわけではないけれど、

一番、子ども達の近くにいる「男の大人」として、頼れるところは頼ってくれたら良いと思っています。

 

それに、子どもたちがもっと大きくなった時には、

離別した本当の父親との交流の機会を積極的に作ることで、

今度は僕ら夫婦だけで過ごす時間をもっともてるようになれるかもしれません。

 

無理に家族になりきろうとせずに、少しゆるやかな家族関係を目指すという意識が、

多くのステップファミリーには必要とされている気がします。




にほんブログ村の「再婚・ステップファミリー」カテゴリーに参加しています。
応援していただける方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ
にほんブログ村
2012年06月21日(木) | コメントはまだありません
トラックバック

頑張り過ぎないに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

2014年

2013年

2012年

2011年

参考文献

うちのステップファミリー
登場人物一覧

 

僕(とっくん)

26歳

当サイトの管理人。

頭モコモコ、毛ボーボー。

しょっちゅう寝ている。

 

妻(彼女)

永遠の28

僕の彼女。

結婚はまだしてません。

喜怒哀楽の激しいお姉さま。

 

息子(お兄ちゃん)

13歳

妻の連れ子①

親の言うことを良く聞く、

できたお兄ちゃん。

ただ、空気の読めないとこがある。

テニス部所属。

 

(妹)

11歳

妻の連れ子②

天真爛漫、傍若無人な

やかまし娘。

運動神経バツグン。