家庭菜園はじめました

ここ数年、妻がベランダでプチ菜園していたんですが、

とうとう今年、市民農園に当選して、

本格的な家庭菜園を始めることになりました。

 

家から自転車で10分程度かかる場所にあるんですけど、

妻は大喜び

 

余談ですけど、今年の妻は子供会の会長やら、PTAの役員やら、

とにかく良い意味でも悪い意味でも当たりまくりの年なのです。

ただでさえ忙しい彼女が、さらに趣味で家庭菜園を始めるなんて、

やはり妻のパワフルさには感動すら覚えます。

ついでに宝くじも当てようと狙っているご様子。

 

で、この週末は、まずは肥料をまいてから、畑を耕すことに。

 

子供の頃から畑仕事なんて全くしたこともなかったんですけど、

とにかく必死に桑で耕してたら、なんとなく、それなりの形が整いました。

 

でも、ふと手のひらをみると、皮がズリむけてました。

なんてひ弱な手なんだ!

 

後はキュウリのつるが上に昇れるよう支柱を作って、この日の作業は終わり。

夏野菜と冬野菜の区別もつかない僕ですが、終ってみると、なかなか楽しい体験でした。

今後はトマトやらナスやらバジルやら、色々植えていくみたいです。

 

 

後日談(6月18日)

キュウリがすくすくと成長しているな~と思った矢先、

うどん粉病」という、キュウリの葉っぱにうどん粉のような粉状のものが付く病気が、

市民農園全体で大流行。

 

せっかくのキュウリを泣く泣く、全部引っこ抜くことになりました。

 

幸い、まだ時期的にも早い段階だったので、

ホームセンターで新しい苗を購入し、キュウリ第二陣に植え替えました。

 

妻は農園へ毎日仕事帰りに通っているので、変化がわかりにくいらしいんですが、

僕は週末に行ったり行かなかったりなんで、農園に行く度に野菜の成長に驚かされます。

 

トマトなんかは、もう実がたくさん生ってて、幸先も良い感じです。

だんだん、僕も楽しみになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL