子ども達との初対面

付き合いだしてからしばらくして、

初めて妻の子供達に会うときがやってきました。

「どうすればよいかわからず」、僕も多少緊張したことを覚えています。

 

妻はお店を経営していたこともあり、

僕はその店にちょこちょこ顔を出していたので、

子ども達を実際に見たことはあったのですが、

お店ではろくに話したこともありませんでした。

 

ただ、妻の話から「お兄ちゃんは大のポケモン好き」という情報はゲットしていたので、

ポケモン話だけが頼りの綱のような状態でした。

 

会う前日は色々もんもんしていた僕ですが、いざ実際に子ども達に会ってみると、

子ども達はとても人懐っこく、僕ともすんなり打ち解けてくれました。

 

妻いわく、「笑顔でよく笑っていたのが好印象だったんじゃない?」とのことです。

 

 

ここからは、このサイトを見てくれている、

「ステップファミリー」に興味のある人へのアドバイスとなりますが、

もし、子供のいる相手と結婚を前提に付き合うなら、相手のことをより深く知るだけではなく、

この先「家族になるかもしれない子供たち」とも時間をかけて知り合っておく必要があります。

 

未来の息子や娘たちに会った途端、あるいはほんの一日一緒にいただけで、

いきなり魔法のように打ち解けられるはずはありません。

 

だから、あまり「相手の子供」ということを意識して、緊張したり、

逆になれなれしすぎないことがポイントかもしれません。

 

また、子供の性格によっては、人見知りをして、初めての人には近づかない子もいるでしょう。

それでも、自分がにっこり笑って「こんにちは」と言い、

座って話をしているうちに、その子はそばに寄って来てくれるかもしれません。

 

なんにせよ、初めて会う時はなるべく短時間で切り上げ、

これから会う回数を何度も作るようにしていくことが大切だと、僕は感じました。

 

人間関係は無理強いしてできるものではありません。

ゆっくりと時間をかけていると、信頼の絆は自然に育っていくものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL