娘にキスをせがまれて

下の子。8歳。女の子。

 

僕が家に帰ると、いつもダーッと、走りかけてきてくれて、

おかえり~!」って声をかけてくれる。

そして、チューをおねだりしてきます。

 

はっきり言って、かわいいです。

でも、この子と僕に血はつながっていません。

 

つまり、妻からすると、口でチューするのは、

口では何も言わなくても、本心は嫌なんじゃないかな、と思うわけです。

 

そこで、子供には「チューはほっぺにね」というのですが、

その対応が気に食わないらしく、ふくれっつらで去っていってしまいます。

 

こうやって僕になついてくれているのは今だけかもしれません。

もう少し、大きくなれば、娘も僕のことを異性として、気にしだすかもしれません。

そうなったとき、一緒の家で生活していて、どう思うのか。

 

今までずっと一緒にいたのだから、普通に同居人として見てくれるのか、

必要以上に意識して、ストレスを溜めてしまったりしないだろうか。

その点が心配です。

 

でも今は、たま~に「お父さん・パパ」って嬉しそうに、

恥ずかしそうに、呼んでくれます。

 

今は、本当のお父さんと小さい時に過ごせなかったこの子に、

精一杯、愛情を注いであげることが大切だと感じています。




にほんブログ村の「再婚・ステップファミリー」カテゴリーに参加しています。
応援していただける方はポチッとお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ
にほんブログ村
2011年09月20日(火) | コメントはまだありません
トラックバック

娘にキスをせがまれてに対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

2014年

2013年

2012年

2011年

参考文献

うちのステップファミリー
登場人物一覧

 

僕(とっくん)

26歳

当サイトの管理人。

頭モコモコ、毛ボーボー。

しょっちゅう寝ている。

 

妻(彼女)

永遠の28

僕の彼女。

結婚はまだしてません。

喜怒哀楽の激しいお姉さま。

 

息子(お兄ちゃん)

13歳

妻の連れ子①

親の言うことを良く聞く、

できたお兄ちゃん。

ただ、空気の読めないとこがある。

テニス部所属。

 

(妹)

11歳

妻の連れ子②

天真爛漫、傍若無人な

やかまし娘。

運動神経バツグン。