ステップファミリーとは

英語の「ステップ」は、「継」という意味があります。

ステップファーザーは継父を、

ステップマザーは継母を意味します。

 

ステップファミリーの定義は、

一対の成人男女が共に暮らしていて、少なくともどちらか一方に、

前の結婚でもうけた子供がいる家族」です。

 

つまり、夫婦のどちらか、もしくは両方が、

前のパートナーとの子供を連れて結婚した時に誕生する家族のことです。

 

ステップファミリーという言葉は、ここ最近ようやく耳にすることも増えてきましたが、

つまりは再婚家族のことですから、ステップファミリーは昔からも存在してきたはずです。

 

その存在が明るみに出てこなかった背景には、家族関係に複雑さがあるにも関わらず、

外見上は父親と母親と子供が一緒に暮らしているという点で、

核家族とほとんど違いのない家族とみなされやすかったためでしょう。

 

自分からわざわざ、「連れ子です。」なんて説明したがる親も少ないでしょうしね。

 

 

うちのステップファミリーの場合は、妻に2人の子どもがいて、僕は初婚という形です。

 

初婚でありながら既に子どもがいるという環境は、パートナーと2人きりになれる時間がないことや、

実親子の間に入れない寂しさが、ストレスとして感じることもあります。

 

それでも、血は繋がっていなくても、幸せな家族になることはできると僕は信じています。

子供を愛情いっぱいに育てることもできます。

暖かい家庭を築いて、人として幸せや成長を実現することもできます。

夫婦にとって、親密で深い絆を結ぶこともできます。

 

ステップファミリーであろうとなかろうと、夫婦とその子供たちがそれぞれ自分の力を出し合って、

互いが成長し、深く心を通わせ合う、そんな素晴らしい家庭を築いていくことは可能なことなのです。

 

当サイトでは、「うちのステップファミリー」の実体験を元に、

これからステップファミリーを目指す方に役立つ情報を提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL